« かおるちゃん始動す! | トップページ | 女王様降臨 »

2006年6月22日 (木)

映画 「DRIFT」 (注 ネタばれあります。)

念の為,再度,書いときますが

ネタばれあります!

これから映画を見ようと思っている方は,

映画を見終えてからお越しくださると有り難いです。

逆にDRIFTを見ずにDRIFT2を見よう思う人は

読んでもらってもいいかと思います。

ではでは。

本当は,6/17に舞台挨拶を見て鑑賞するはずだったのですが

満席になっていて見る事が出来ませんでした。

前売り券を買っているのでDRIFT2を見るつもりです。

しかし,いきなりDRIFT2から見ても流れがわからないかなぁ~

と言うことで昨日,水割で1000円だったので見て来ました。

仕事が終ってからなので19:10開始の回。

映画館到着が18:40。券を買うと入場番号札をもらった。

この順番に,入場するらしい。

番号は04番。

もう少し多いかと思っていたのですが・・・・

前の回の上映が終了して順番が呼ばれ館内に入りました。

せっ,狭っ!

ダイエーの中にある子供用映画館位の画面サイズで

客席も後方(館内のうしろ半分)に固定席が50~60席ぐらいしかない。

ここで舞台挨拶できんのっ? やったの?

て感じです。

前方(館内の前半分)はというと人工芝が敷かれていて

2人掛けソファー,ソファ,円卓や

ビーズクッションなどがあって

自室のようにくつろいで見る事が出来ます。

多分,舞台挨拶の時は,片付けているのだろうなぁ

この回の入場者数は10人ぐらいでした・・・・

ストーリーとしてはこんな感じ。

元世界ランカーのプロボクサーであった南 真一は事故で最愛の妻子と
拳を失ってしまう。
そのすべてを奪った原因、黒い車の走り屋へ復讐を果たすため、
真一はシルビア(だったと思います)を操り走り屋となり黒い車を見つけようとする。

・・

--ここからが本格的なネタばれです。--

主人公(真一)の亡き妻を小阪由佳,その妹(なみ)でマシンの整備士を小松彩夏

黒いマシンの一人女帝に長澤奈央という女性陣。

載寧龍二も相澤仁美もわかりませんでした。

DRIFT2に出ているのかなぁ?

それとも見落とした?

大層にネタばれと書きましたがストーリーを見れば

大体,想像が付く内容で,

話よりも峠のバトルが見どころのひとつ。

早いと噂の黒い車を次々に探しては,バトルを挑み

その走りを見て探し求めている車か見極める。

2台の黒い車に勝ったあと,

黒豹と呼ばれる3台目の黒い車のドライバーを知っているから

と峠に呼びだされる。

現れた人物は黒豹を知っているからと呼び出した本人。

(この人,最初から真一たちに絡んで登場しています。)

バトルの末,真一が勝ち,その走り方から

黒豹が,事故の原因のドライバーと確信した。

黒豹は,「自分が,事故を引き起こした原因です。」と謝罪する。

真一は黒豹を殴るが,

黒豹と名乗り謝罪した本人は,事故を起こした張本人ではなく,

双子の弟だった。

本当の黒豹と呼ばれた兄は,車の事故で既に亡くなっていた。

復讐を終えた真一となみは,

なみ「これからどうするの」

真一「わからない。」

なみ「どんな事があっても真一に付いて行くわ」

でオシマイ。

・・

<感想>

思いっきりよくある映画って感じでした。

復讐のために嫌いな走り屋やるのか?ってのも疑問だし

それで見つけて殴り飛ばして(張本人は亡くなってしまっているが)

復讐完了って・・・・

で,この後,DRIFT2に繋がるの?

実は,別に犯人がいて続くってパターンかと思ったのですが

そうではないようです。

もしかしてDRIFTは見る必要がないかも・・・

それはDRIFT2を見ればわかると思います。

あまりストーリーを気にせず気楽に見る映画でした。

あと,突っ込みどころです。

●女帝,長澤奈央はミニスカートで登場します。

 峠でバトルするドライバーなのに何故,ミニスカート?

 サービスカットならもっとミニスカート姿を写せばいいのに

 ちらっとしか出てこなかった・・・

●さらに,この,女帝が真一とバトルをする条件として。

 「勝ったら真一のシルビアをもらう」という。

 負けたら何も無いんかい・・・

 ちょっ~と,虫が良すぎるんじゃないですか?

●小阪由佳ちゃんも子供がいる設定なのであかちゃんを

  抱っこしたりしますが抱き方がちょっとぎこちない。

  実際に子供いないので仕方ないのですが・・・

●こまっちゃんも峠まで車に乗って行くシーンがあるのですが

 こまっちゃんがスクリーンに写るのはエンジンを掛けるところまで

 と止まったあと,降りてくるシーン。

 免許,無いから仕方ないんですが・・・

●主人公の立場,奥さんが小阪由佳で義妹のこまっちゃんから

 慕われる役どころなんて,羨ましすぎるぞ!!

●こまっちゃんの演技に突っ込むのは,止めときます。

・・

・・

<舞台挨拶>

『ドリフト』初日舞台挨拶の様子がありました。

News_0619  登壇者は、柏原収史、

  小松彩夏、遠藤雄弥、

長澤奈央、載寧龍二、相澤仁美と神野大監督

会場は2回の舞台挨拶ともに満席・立ち見の大盛況となった!
→ このために私は見れませんでした。

柏原収史
「撮影時は、トイレに行くのに車で15分もかかるような場所で、我慢するのに 苦労した」
「車にはあんまり詳しくなく監督に指導してもらったが、実は監督もあまり詳しくなく、猛勉強していたみたいです」

小松彩夏
「こんなにたくさんの方に見ていただけて嬉しいです。楽しんで見て下さい。」

遠藤雄弥
「運転免許を持っていなくて運転シーンは苦労しましたが、かっこよくドリフトできるように頑張って演技しました!」

長澤奈央
「この映画は、激しいカーバトルが売りですが、この映画を見ても皆さんは、安全運転してくださいね!」

載寧龍二
「実は、この「ドリフト」には出演していなく、7月1日から公開の「ドリフト2」にしか出ていないが、これを見ておもしろいと思った方!ぜひ「ドリフト2」を見に来てください!」
→やっぱりデカレッドは出ていなかったんだ・・・・

・・

以上です。質問等あれば,コメントに書いて頂ければ

わかる範囲でお答えします。

予約特典のポスターも

ついでにもらって来ました。

柄はこれ。

Drift_1

宣伝用や展示している

ポスターと同じ

大きさのものでした。

・・

徹夜は,無理ですが7/1のDRIFT2の舞台挨拶は

参加出来るように頑張ります。

DRIFT2感想に続く。

PS. DRIFTがブロードバンド配信されるという未確認情報が
 あります。もしかしたら関東圏以外の方も見れるのではないでしょうか。

|

« かおるちゃん始動す! | トップページ | 女王様降臨 »

コメント

「DRIFT2」の舞台挨拶見れるといいですね。
もし見れたらレポお願いします。
いつもレポ頼んでばかりでごめんなさい。

投稿: sakura | 2006年6月22日 (木) 15時51分

最近東京では、本来Vシネ用の低予算作品が、
短期間、極小映画館で公開される傾向がある
ようです。「DRIFT」もそうなのでしょう。

狭い方が、舞台挨拶の時は近くで見られて
ラッキーだと思いますが、早く満席になる
ので痛し痒しですかね。

映画の内容は、お話から十分伝わりました。
なんかもう見てきたような、DVDが出て
も見なくていい感じです(笑)

投稿: まあべりっく | 2006年6月23日 (金) 01時20分

花柄さん
私もこのレポで観た気になりましたぞ~!!
やっぱ、こまっちゃんの演技はツッコミ入れられないですか(笑)
やはり・・・Vシネマっぽいつくりの映画だったのですね。
「DRIFT」がブロードバンド配信してくれたら地方人間として助かりますね~。期待します!

投稿: ぽんた | 2006年6月23日 (金) 03時26分

舞台挨拶の時も席はそのままですよ。
徹夜組はほとんどが長澤さん目当てでした。

投稿: とりうみ | 2006年6月23日 (金) 08時19分

舞台挨拶の時も席はそのままですよ。
徹夜組はほとんどが長澤さん目当てでした。

投稿: とりうみ | 2006年6月23日 (金) 08時19分

>とりうみさん

ご無沙汰してます。
情報ありがとうございました。

>舞台挨拶の時も席はそのままですよ。
ということは前の方の人はかぶり付き状態ですね。

>徹夜組はほとんどが長澤さん目当てでした。
そうなんでしたか。7/1も激しい争奪線になるんですかね。

投稿: 花柄 | 2006年6月23日 (金) 09時07分

>sakuraさん
DRIFT2の舞台挨拶参加頑張ってみます。

>まあべりっくさん
そうですね。目当てが無ければ,特にストーリーがどうということは無いので。
レンタルで充分ではないでしょうか。

>ぽんたさん
なんとなく,DVD化すると思いますのでその時に見ればいいのではないでしょうか

投稿: 花柄 | 2006年6月23日 (金) 09時51分

レポありがとうございます。
ん~なんかよくある話っぽいのですね。

あの異常なキャッチコピーはなんだったのかな
と思いますが(笑

こまちゅんの演技>つっこまないでおきます。(笑

ブロードバンド配信
助かりますねえ。
期待です。

最近光にかえたんですが、
やっぱ早いです。

投稿: 琴乃 | 2006年6月23日 (金) 11時44分

そうかー、ドリフト、こんな内容だったのですね。この前見ないで帰ってきちゃったから、とてもありがたいです。
 そうですかー、こまっちゃん車運転シーンはなかったか(笑)
そういえば、ファイナルアクトで亜美ちゃんが車運転(?)してたのを思い出しました。あれはちょっとびっくりしたなあ。
あれも特撮(?)だったのかなあ(笑)

投稿: HIRO。 | 2006年6月25日 (日) 15時32分

>HIROさん
7/1再チャレンジしてはどうですか

投稿: 花柄 | 2006年6月26日 (月) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136309/10631048

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「DRIFT」 (注 ネタばれあります。):

« かおるちゃん始動す! | トップページ | 女王様降臨 »